基本的に撮影ポイントは1mから最大5m間隔となります。下記はあくまで撮影プランの例ですので、1ポイントからでも撮影は可能です。赤点は屋外となっておりまして、こちらは必須ではありませんが、やはり外から中に入ってくる導線を敷くことで、ユーザーにより強い来店イメージを与えることができます。

ストリートビューの撮影にはいくつかルールというかグーグルが推奨する撮影方法があります。例えば点と点の間に障害物があってはいけないとか、屋内では1mから3mの間隔を開けるとか、個人を特定できる情報(顔や車のナンバープレート)にはボカしを入れるなどなど。それらグーグルの規定に従って撮影を進めていくことになります。

Small
撮影点数 1−4ポイント

33000円〜
(税込)

Smallプランは撮影点数が1−4ポイントと規模を最小限に抑えたプランです。カウンターがメインのお店やお一人で経営なさっている個人店、広さで言うと10坪前後の店舗におすすめです。


Mediumプラン
撮影点数 5−10ポイント

55000円〜
(税込)

Mediumプランは撮影点数が5−10ポイントと、一般的な飲食店や美容院、またアパレルショップなどの店舗におすすめです。広さで言うと25坪前後になるかと思われます。


Large
撮影点数 11ポイント以上

88000円〜
(税込)

Largeプランは撮影点数が11ポイント以上と、個室や仕切りが多い飲食店や、複数のフロアがあるオフィス、また介護施設や学校などがこちらのプランになるかと思います。